直帰率と離脱率の違いは?平均直帰率の目安と計算方法は

直帰率の計算方法と目安

あなたのサイトの直帰率はどれくらい?

ある程度WEBサイト運営に慣れ、Googleアナリティクスを見ることにも慣れてくると気になる数値の1つが、「直帰率(ちょっきりつ)」です。

たとえば、以下はこのサイトの直帰率ですが、この数値を見て「ププッ、82%って高すぎぃ!」と思った人もいるかもしれません。

Googleアナリティクス-サイト全体-直帰率

まぁ、たしかにこの直帰率は低いとは言えませんが、WEBサイトのジャンル(種類)や特性によってはとくに高い数値とは言えません。

では、WEBサイトの種類によって直帰率はどう変わるのでしょうか。また、直帰率はどう計算すれば良いのでしょうか。

今回は、直帰率の目安と直帰率の計算方法、また直帰率と似た離脱率との違いについてお話したいと思います。

直帰率と離脱率の違い

直帰率とは

直帰率(ちょっきりつ)とは、当該WEBサイトに訪れたセッションのうち、他のWEBページに移動せずに直帰したセッションの割合を示す指標のことです。

Googleアナリティクス-サイト全体-直帰率

そのため、直帰率は、全体のセッションのうち1ページしか見なかったかセッションの割合を表わします。

直帰率の計算方法

たとえば、あるWEBサイトのページAに、150回のセッションがありました。このうち46回のセッションでページAから他のページに移動し、104回のセッションでWEBサイトから直帰したとします。

この場合ページAの直帰率は、「104÷150×100%=69.3%」になります。

離脱率とは

離脱率(りだつりつ)とは、当該WEBサイトに訪れたセッションが離れてしまう際に、どのページから離れたかの割合を示す指標のことです。

Googleアナリティクス-ページ別-離脱率

離脱がないWEBサイトはありえないので、WEBサイト全体の離脱率は100%になります。ただ、どのようなセッションから離脱したのか、またはどのページから離脱したのかは、全体のセッションで割合を示すことができます。

離脱率の計算方法

たとえば、あるWEBサイトに150回のセッションがありました。このうち、ページAから離れたセッションが25回、ページBから離れたセッションが50回、ページCから離れたセッションが75回だったとします。その場合の離脱率は以下のようになります。

ページAの離脱率「25÷150×100%=16.6%」
ページBの離脱率「50÷150×100%=33.3%」
ページCの離脱率「75÷150×100%=50.0%」

WEBサイトからの離脱のうち、他のページに移動せずに離脱したものが直帰です。

直帰率と離脱率は勘違いしやすい指標ですが、直帰は「直で帰る(直ぐに帰る)」ことだと覚えておけば間違えないようになるでしょう。

直帰率と離脱率の目安

一般的には、離脱率を見るよりも直帰率を見て、ユーザーがそのWEBページに満足しているか、最後まで読んでくれたかなどを判断します。

直帰率が高いページはユーザーの満足度が低く、改善する必要があると言われていますが、直帰率はWEBサイトの種類や作りによって変わるため、あくまでも目安として考えなければいけません。

たとえば、一般的なブログメディアの記事の直帰率は、65–90%ほどです。また、目的があって訪問するECサイトは20-45%、B2B系のサイトは25–55%となっています(以下参照)。

種類別サイトの直帰率目安
小売のECサイトは20%-45%
B2B系のサイトは25%–55%
リードジェネレーション系サイトは30%–55%
非EC系のWEBサイトは35%–60%
ランディングページは60%–90%
辞書、ポータル、ブログ、ニュースなどの一般的なサイトは65%–90%

Bounce Rates: What’s Good, What’s Bad, and Why You Should Give a Damn

そのため、直帰率を改善したい場合は、まずサイト全体の直帰率(このサイトは82.66%)を見て、その直帰率よりも高い割合のページを改善するようにしましょう。

Googleアナリティクス-ページ別-離脱率

上記で言うと、2番目(85.81%)、5番目(90.99%)が改善候補のページになります。

直帰率が高くなる原因

直帰率が高いページすべてに、ネガティブな原因があるわけではありません。

たとえば、別サイトの自社商品やユーザーアクションに誘導するページは直帰率が高くなります。この場合は、直帰した事実よりも、そこから目的のサイトに移動した際のユーザーの質を見た方が良いでしょう。

また、閲覧ページに自分が必要な情報がすべて書いてあり、十分に満足した場合も直帰率が高くなります。Googleのアナリティクスヘルプにも以下のように書かれています。

直帰率の高さが問題になるのは、ユーザーがサイト内の複数のページを閲覧することが必要な場合です。たとえば、サイトのトップページがサイト内の他のページ(ニュース記事、商品ページ、購入手続きなど)の入り口として機能している状況で、多くのユーザーがトップページのみを閲覧しているとすると、高い直帰率は望ましくありません。

一方で、ブログのような 1 ページのみのサイトや、その他の 1 ページのみのセッションが想定されるようなコンテンツを提供している場合、直帰率の高さはまったく問題になりません。

直帰率 – アナリティクス ヘルプ

一方、直帰率が高い場合のネガティブな原因には、以下のものが考えられます。

ページの読み込み速度が遅い

ページの読み込み速度、表示速度が遅いと直帰率が高くなります。たとえば、リンクをクリックしてからページの表示前に3秒を超えると、57%が離脱し、80%はそのページを再訪しないというデータがあります。

モバイルフレンドリーに対応していない

現在、WEBページのアクセス割合は、スマホからの流入が8割を超えているため、モバイルフレンドリーに対応していないサイトだと認識されると、直帰率が高くなります。

期待した答えがなさそうに見える

たとえば、高級バッグに関する情報が欲しいユーザーが閲覧したページが、質素で見た目の悪いページだった場合、直帰率が高くなります。

検索クエリとコンテンツ内容が一致しない

ユーザーが検索で求めている内容と閲覧したページの内容が乖離していれば、「あ、このサイトには書いてない……。」となり、直帰率が高くなります。

文章が読みづらい・わかりにくい

ユーザーがWEBページを見たときに、文章が難しすぎ、稚拙すぎ、言いたいことがわからないなどと感じると直帰率が高くなります。

他のページと内容が変わらない

ユーザーが答えを探している際に見たページの内容が他のページと書いてある内容が変わらなければ直帰率が高くなります。

導線がない・導線がわからない

そのWEBページを最後まで読んでも、次に誘導する導線がなかったり、導線がわかりにくい場合は直帰率が高くなります。

直帰率を改善する方法

直帰率を改善する方法は、前述した「直帰率が高くなる原因」を改善することです。つまり、以下のことを実行すれば、今よりも直帰率を改善することができます。

直帰率を改善する方法
・ページの読み込み速度を早くする
・モバイルフレンドリーに対応しする
・検索キーワードとコンテンツ内容を見直す
・読みづらい文章を修正する
・他にはないオリジナルな文章を書く
・ユーザーにわかりやすい導線を設ける

わかりやすい文章、質が高いコンテンツの作り方は、以下を参考にしてください。

また先程話した通り、直帰率はWEBサイトの種類や作りによって異なります。そのため、単純に直帰率を下げることを考えるのではなく、そのWEBページの役割を理解して、ユーザーに何を求めるのかを改めて考える必要があります。

その結果、直帰率が高くても問題がないのか、やはり改善の必要があるのかを考えてください。