iPhone標準ブラウザSafariのブックマークとお気に入りの違い

Safariのブックマークとお気に入りの違い

後で読みたいページを保存する機能

iPhone標準ブラウザのSafariには、「ブックマークを追加」と「お気に入りに追加」という機能があります。

safariのブックマークとお気に入りの違い02

何かサイトを見ていて、「これは後で読みたいな。」と思ったときに、上記のブックマークを使っている人もいれば、お気に入りを使っている人もいると思います。

では、そもそも「ブックマークを追加」と「お気に入りに追加」には、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、Safariのブックマークとお気に入りの違いについてお話したいと思います。

Safariのブックマークとお気に入りの違い

たとえば、あるページをブックマークすると、デフォルトではブックマークフォルダが選択され、この中に対象のページを保存できます。

safariのブックマークとお気に入りの違い03

このとき、お気に入りというフォルダもブックマークフォルダと同じ階層にあることがわかりますね。つまり、お気に入りとブックマークは、基本的にページを登録しておく意味では同じ機能です。

とすると、「ブックマークとお気に入りは、同階層にある保存フォルダの違いなのかな?」と思った人もいるでしょう。

ところが、ブックマークフォルダの中身を見ると、またお気に入りフォルダがあります。

safariのブックマークとお気に入りの違い04

つまり、お気に入りフォルダは、ブックマークフォルダと同階層にあるフォルダではなく、ブックマークフォルダの中にあるフォルダの1つなんです。

そのため、先程ブックマークフォルダと同じ階層にあったお気に入りフォルダは、単なるショートカットにすぎません。

ブックマークとお気に入りが分かれている理由

では、なぜわざわざ「ブックマークを追加」と「お気に入りに追加」の2つがあるのでしょうか。

おそらく、お気に入りフォルダを設けることで、ユーザーにより便利に使ってもらいたいからでしょう。

ブックマークの役割

ブックマークは、後で見返すかどうかわからなくても、とりあえず気になったページを登録しておくための機能です。

お気に入りの役割

一方お気に入りは、後で確実に見返したいページ、重要性が高いページ、よく使うページを登録しておくための機能です。

以下のようにブックマークを見たいときにも、お気に入りは一番上にフォルダがあり、アクセスしやすくなっています。

safariのブックマークとお気に入りの違い04

つまり、「ブックマークしたいページをお気に入りに登録しておくと使いやすいから活用してね!」という理由で存在しているのだと思います。「お気に入りに追加」は、機能のショートカットの役割なのでしょう。

AndroidでSafariは使える?

個人的には、ブックマークとお気に入りの違いを理解してからは、両者は意識して使い分けるようにしています。

とりあえず気になったページはブックマークに保存しておいて、後からブックマークを編集してお気に入りフォルダに移したり、必ず見返したいページは最初からお気に入りフォルダに入れるなどの使い方です。

さて、普段iPhoneを使っている人にはピンとこないかもしれませんが、Androidの標準ブラウザはChromeです。そのため、iPhoneからAndroidに変更した人は、違和感を感じてSafariに変えたいと思うかもしれません。

ただ、残念ながらAndroidでSafariブラウザはインストールできませんし、使うこともできません。

ChromeブラウザやGoogleブラウザには、Safariのような「ブックマークを追加」と「お気に入りに追加」という使い分けができる似通った機能はありません。

もちろん、ブックマーク機能はあり、ブックマークの編集はできるため、利便性を損なうことなく使うことが可能です。

そのあたりの話はまた別途お話したいと思います。