ロングテールSEOで成功するやり方は?ニッチキーワードの選び方

ロングテールSEOとは

WEBサイトを確実に成長させる戦略

WEBサイトを確実に成長させる戦略があります。それは、「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」を意識してページを作っていくことです。

これらの用語は以下で説明していますが、簡単に言うと月間検索ボリュームが1万以上あるキーワードをビッグワード、1000-1万をミドルワード、1000未満をスモールワードと言います。

ページを作る際に大切なことは、ページにスモールワードを設定した「ロングテールSEO」を心がけることです。

ページにビッグワードを設定してしまうと、競合が多いため上位表示が難しいだけでなく、順位が不安定になることでKPIも不安定になってしまいます。

ロングテールSEOを行えば、上位表示を狙えて順位が安定するだけではなく、WEBサイトのコンバージョンを高めることもできます。

そこで今回は、安定的で確実にWEBサイトを成長させるロングテールSEOについてお話したいと思います。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、検索ボリュームの多いキーワードでアクセスを集めるサイト作り(ページ作り)をするのではなく、検索ボリュームの少ないキーワード(ロングテールキーワード)に絞ったページ作りをすることで、安定した集客とサイトの評価を高めるSEOのことです。

つまり、ピンポイントで効果が高いページを作るのではなく、たくさんのページを作ることでSEOの成果を上げる方法です。

ロングテールの法則とパレートの法則

ロングテールSEOは、ロングテールの法則をSEOに応用した考えで、パレートの法則でいう80%の構成要素に着目したものです。

パレートの法則とは
パレートの法則とは、全体の成果の80%は、全体を構成する20%の要素で生み出されているという理論のこと。
ロングテールの法則とは
ロングテールの法則とは、ECの小売販売の概念の1つで、販売機会の少ないアイテムでも、種類を多く揃えることで全体の売上が増えるという理論のこと。

日本では、菅谷義博著「80対20の法則を覆す ロングテールの法則(2006年)」で話題になり、クリス・アンダーソン著「ロングテール(2014年)」で広く浸透しました。

ロングテールキーワードとは

ロングテールSEOを実践するためには、冒頭で話した「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」の特徴を理解する必要があります。

ページ作成の基本はスモールワードを設定することですが、このスモールワードは、ロングテールSEOでは「ロングテールキーワード」や「ニッチキーワード」と呼ばれます。

以下の表では、ロングテールキーワードの語数を3語以上としていますが、2語でもニッチであればロングテールキーワードと言えます。

種類語数検索ボリューム
ビッグキーワード1語10000以上
ミドルキーワード2語以上1000以上10000未満
スモールキーワード2語以上1000未満
ロングテールキーワード3語以上1000未満

ロングテールSEOのメリットとデメリット

WEBサイトへの検索流入をビッグワード、ミドルワード、スモールワードで分けると以下のようになります。

ロングテールキーワードの図解

この図のビッグワード、ミドルワードの部分は「ヘッド」と言い、スモールワード(ロングテールキーワード)の部分を「テール」と言います。テールが長いのでロングテールです。そのため本来、テールはこの何倍も長いものだと考えてください。

ロングテールSEOのメリット

ロングテールSEOのメリットは、競合が少ないキーワードを使うことでページを検索上位に表示させやすくすることです。

また、ビッグワードの「ダイエット」に比べて、「ダイエット サプリ 通販」のようにページのテーマが絞り込まれるため、ユーザーの目的が明確であり、結果的にコンバージョン率を上げやすいメリットもあります。

ロングテールSEOのデメリット

ロングテールSEOのデメリットは、検索ボリュームが低いキーワードを使うため、多くのページを作る労力が必要なことです。

たとえば、検索ボリュームが45万以上の「ダイエット」で1位になると、そのキーワードだけで10万ほどの検索流入が見込めます。ところが、検索ボリュームが110の「ダイエット サプリ 通販」で1位になっても、そのキーワードだけでは20ほどの検索流入しか見込めません。

そのため、やはりコスト増を嫌って、ビッグワードを狙ったサイトづくりをしたいと考える人もいると思います。

検索流入でロングテールキワードが占める割合は?

では、本当にロングテールキーワードを使った方がWEBサイトにメリットがあるのか、確かめてみましょう。

サーチコンソールからこのサイトの1か月分の検索クエリを以下のように抜き出し、全体のクエリのうちスモールワードが占める割合やクリック数(検索流入数)を確かめてみます。

検索クエリの分析

ただし、サーチコンソールで取得できる検索クエリは最大1000個までなので、クリック数が少ないクエリはある程度カットされて少なくなります。つまり、この分析では、本来よりもロングテールキーワードが少なくなるということです。

今回の分析では、7クリック以下の検索クエリは含まれていません。

語数別のクリック数の割合

まず、いくつの語数で検索されているかで、それぞれのクリック数の割合を見てみます。

複合語個数クリック数割合
6語11790.53%
5語3760.22%
4語234371.28%
3語220826624.29%
2語4131164534.22%
1語3401343039.46%
合計100034033100.00%

1000クエリのうち1語検索が340個でクリック数の割合が39.46%、2語検索が413個でクリック数の割合が34.22%、3語以上が247個でクリック数の割合が6.32%でした。

1語検索が多いため、ビッグワード、ミドルワードの割合が多いように感じますが、1語の中には「知り合いかもに表示されたくない」「早く本を読む方法」などの文章や、スペースを使わずに単語を連結させたクエリが多く含まれていました。

表示回数別のクリック数の割合

次に、インプレッション(表示回数)で分けて、それぞれのクリック数の割合を見てみます。

表示回数個数クリック数割合
1万以上7674319.81%
1000以上
1万未満
53406411.94%
1000未満9402322668.25%
合計100034033100.00%

1000クエリのうち表示回数1万以上は7個でクリック数の割合が19.81%、表示回数1000-1万のクエリは53個でクリック数の割合が11.94%、表示回数1000未満のクエリは940個でクリック数の割合が68.25%でした。

もちろん、検索ボリュームと表示回数はイコールではありませんが、表示回数が1000未満の検索クエリが検索流入の7割近くを生み出していることは、ロングテールSEOを証明する結果の1つだと言えるでしょう。

しかも、7クリック以下の検索クエリは除外してこの結果です。

検索クエリの表示回数、クリック数、クリック率、順位

こちらは、あるページの検索クエリの表示回数、クリック数、クリック率、順位の表です。

検索クエリの検索ボリュームと表示回数、流入数、順位

表示回数がもっとも多い「A+B」は、7026回表示されてクリック数が22です。平均順位も9.6で、決して悪い順位ではありません。

対して、「A+B+C」の表示回数は1000しかありません。ところが、平均順位が1位のため、クリック数が613で「A+B」の30倍近くもあります。察しはつくと思いますが、Aはビッグワード、Bはミドルワードです。

以下の検索結果のCTRを見ても、表示回数1万のページで10位に表示されるよりも、表示回数1000のページで1位になる方が圧倒的に効率が良いことがわかります。

Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas

他の検索クエリを見ても、単純な検索ボリュームだけで良し悪しが判断できないことが十分にわかってもらえると思います。

ロングテールSEOは大中小のカテゴリ分けが重要

ロングテールSEOを実践するために大切なことは、サイトのテーマと目的、ターゲットを決めて、その目的につながるカテゴリを細かく作ることです。

たとえば、ダイエットサプリを扱う企業がサプリをPRするためのサイトを作ったとします。テーマは、「30代以上の女性がダイエット知識を得られるサイト」、ターゲットは「30代以上の女性」です。

サイトの大カテゴリを「運動方法」「サプリメント」「食事制限」とし、さらに中カテゴリ、可能であれば小カテゴリまで決めます。以下は、知識がないので適当ですが、もっと細かく洗い出してください。

サイトカテゴリ事例
ダイエット
-運動方法(ダイエット 運動:33100)
 -有酸素運動
  -ジョグ
  -水泳
 -無酸素運動
  -筋トレ
-サプリメント(ダイエット サプリ:90500)
 -プロテイン
 -アミノ酸
 -マルチ
-食事制限(ダイエット 食事:90500)
 -ファスティング

そこからさらに、小カテゴリに分類されるロングテールキーワードを抽出して、キーワードに合ったページを作成します。たとえば、「運動方法 > 無酸素運動 > 筋トレ」に分類されるロングテールキーワードには以下のものがあります。

太もも痩せ 筋トレ 1週間 320
産後ダイエット 筋トレ 260
更年期 ダイエット 筋トレ 110
1日1食 筋トレ 260
有酸素 筋トレ 順番 210
アラフォー 筋トレ 女性 590
おしり痩せ 筋トレ 480

これらのロングテールキーワードを見れば、どのようなページを作れば良いかイメージできると思います。

「サプリメント販売が目的なのに、運動とか食事制限は関係ないじゃん。」と思った人もいるでしょう。詳細は省きますが、サイトのテーマや目的、ターゲットによって、サイト全体の規模感やカテゴリは変わります。

まずは、何となくロングテールSEOにつなげる流れを理解してください。

ロングテールSEOの成果が出るのは半年~1年後から

ロングテールSEOは、小さなアクセスをコツコツ積み重ねる方法のため、成果が出るにはある程度時間がかかることを覚悟してください。

おそらく、WEBサイトの運営を始めてから最低でも半年から1年、それ以上の期間を擁する場合もあります。

その代わり、ロングテールSEOを正しく実践していれば、積み上げた成果や積み上げたアクセス数が急激に落ち込むことは稀ですし、成果やアクセス数が不安定になることもあまりありません。

長く続ければ、それだけブランディングも確立できますし、ドメインパワーも徐々に増していきます。そのため、ミドルワード、ビッグワードでの検索流入も期待できるようになっていきます。

継続して成果を出し続けるWEBサイト運営をしたいのであれば、今からロングテールSEOを理解し、徐々に取り組んでみてください。