検索クエリと検索キーワードの違いは?クエリの種類と調べ方

検索クエリと検索キーワードの違い

ユーザーが検索で入力するのはキーワード?

わたしたちは、アクセス解析などで顧客のWEBサイトを分析し、その内容を伝えます。その際重視するのは、ユーザーの検索流入の割合と検索に使われたキーワードから次の一手を提案することです。

今わたしは、顧客にわかりやすく伝えるために「検索キーワード」という言葉を使っていますが、正しくは「検索クエリ」と言います。

検索キーワードと検索クエリを同じ意味と捉えている人もいますが、厳密には違うもので、それぞれ使い所が異なります。

もちろん、WEBマスターであれば、2つの言葉の違いと使い分け方をよく知っておかなければいけません。

そこで今回は、検索クエリと検索キーワードの違い、検索クエリの調べ方についてお話したいと思います。

検索クエリと検索キーワードの違い

検索クエリとは

検索クエリ(search queries)とは、ユーザーが検索をする際に検索エンジンに入力した言葉のことです。クエリは、質問という意味です。

ユーザーが検索エンジンを使うのは、何らかの情報や答えを求めているためです。つまりユーザーは、検索エンジンに対して質問を投げかけていることになります。

検索クエリは、単語や正しい文章の必要はありません。「パソコン」「パソコン 始め方」「パソコンの始め方」「パソコンを始めるにはどうすればいいの?」これらはすべて、1つの検索クエリになります。

検索キーワードとは

検索キーワード(keywords※)とは、WEBページを作成する際にテーマとして設定する重要な言葉のことです。

※英語では一般的に検索(search)を付けずにキーワードのみを使用する

たとえばこのページの場合、「検索クエリ」という言葉をテーマにして作っているため、「検索クエリ」が検索キーワードということになります(説明がややこしくなってしまいました……)。

キーワードは、問題の解決や理解するための重要な手掛かりとなる言葉という意味があります。そのため、わたしはこのページを「検索クエリ」という言葉でユーザーに検索して、見つけてもらいたいと考えて作っているわけです。

検索クエリと検索キーワードの違い

検索キーワードはページを作る際に想定する言葉、つまりWEBマスターの目的です。そして、検索クエリはユーザーが検索した言葉、つまりユーザー行動の結果です。

わたしは、人に説明する際は便宜上どちらも検索キーワードと話していますが、本来は目的と結果なので意味はまったく違うものです。

そのため、WEBマスターが想定した検索キーワードとユーザーが利用した検索クエリがずれてしまうと、目的と結果がずれてしまうことになります。

検索クエリと検索キーワードがズレる影響は

たとえば、わたしは「検索クエリ」という言葉をキーワード(テーマ)に設定して、このページを作成しました。

つまり、ユーザーが「検索クエリとは」「検索クエリ キーワード」「検索クエリ 調べ方」などで検索して、このページを見つけてくれると予想したわけです。

ところが、アクセス解析をしてみると、ユーザーがこのページを見つけた(検索結果に表示された)検索クエリが、「検索の仕方」「パソコン 始め方」だったとします。

この場合、わたしが想定した検索キーワードとユーザーの検索クエリが大きくずれていることになります。このズレによってどのような影響があるでしょうか。

コンテンツの質が下がる

検索クエリと検索キーワードにズレがあるということは、わたしが思い描いたコンテンツとGoogleが解析したコンテンツにズレが生じているということです。

その場合、「検索クエリと検索キーワードの違いは?クエリの種類と調べ方」というタイトルとコンテンツ内容にもズレが生じるため、そもそもページの評価が低くなってしまいます。

ユーザーにクリックされない

仮に、ユーザーの検索結果にこのページが表示されたとしても、「検索の仕方」「パソコン 始め方」で検索したユーザーは、タイトルで判断して、このページをクリックしないでしょう。

どれだけ検索結果にページの表示回数が多くても、クリックされないページができてしまうわけです。

そのため、検索キーワードと検索クエリがずれているページは、コンテンツ内容を見直して改善しなければいけません。

検索クエリの種類

WEBマスターは、検索クエリを分析してユーザーの気持ちを理解し、検索クエリと検索キーワードにズレが生じないように調整しなければいけません。その際に重要なのが、検索クエリの種類を知ることです。

明確に分けるのは難しいのですが、検索クエリは「トランザクショナルクエリ」「ナビゲーショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」に分類されます。

トランザクショナルクエリとは

トランザクショナルクエリ(transactinal query)とは、「住宅 資料請求」「スマホ 購入」「facebook 問い合わせ」など、ユーザーの行動が明確なクエリのことです。transactinalには、「取引の~」「処理の~」という意味があります。

トランザクションクエリは、ユーザーの具体的な行動と商品やサービスの組み合わせが多いため、この検索クエリが多い場合は、ユーザーに具体的な行動を促すページの作りが必要です。

「取引型クエリ」「DOクエリ」とも呼ばれます。

ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリ(navigational query)とは、「Amazon 安眠グッズ」「楽天」「東京ディズニーランド」など、ユーザーの目的サイトが明確なクエリのことです。navigationalには、「案内の~」という意味があります。

ナビゲーショナルクエリは、特定のWEBサイト名が指定されるため、公式サイト以外はあまり重要ではありません。この検索クエリが多い場合は、「楽天 メリット」「東京ディズニーランド 最安」など、ユーザーに付加情報を与えるページの作りが必要です。

「案内型クエリ」「GOクエリ」とも呼ばれます。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリ(informational query)とは、「iPhone11 価格」「文章 ノウハウ」「会社 辞め方」など、ユーザーが知りたい情報が明確なクエリのことです。informational には、「情報の~」という意味があります。

インフォメーショナルクエリは、ユーザーが知りたい商品名や地域名と状態などの組み合わせが多いため、この検索クエリが多い場合は、ユーザーにより詳細な情報を与え、そこからコンバージョンページへの誘導を促す作りが必要です。

「情報収集型クエリ」「KNOWクエリ」とも呼ばれます。

検索クエリの調べ方

さて、検索クエリの種類とそれぞれのページ作成の注意点がわかったら、実際に検索クエリを調べてみましょう。

検索クエリを調べるには、Googleアナリティクスと連携させたサーチコンソールのデータを活用してください。

Googleアナリティクスで、メニューから「集客 > Serach Console > 検索クエリ」とクリックして、検索クエリ画面を開きます。

アナリティクス-検索クエリの調べ方01

検索クエリ画面の説明

検索クエリ画面は、以下のように表示されます。画面一番下の53,372という数字は、ユーザーが使用した検索クエリの数です。WEBサイト全体で、どのような検索クエリが何回使われたか、何位かなどが表示されます。

アナリティクス-検索クエリの調べ方02-各用語の説明
検索クエリ画面の用語説明
①検索クエリ|ユーザーが使用した検索クエリ
②クリック数|検索結果からクリックされた数
③表示回数|検索結果に表示された回数
④クリック率|表示回数に対してクリックされた数
⑤平均掲載順位|検索クエリの検索結果の平均順位

ランディングページ画面の説明

Googleアナリティクスで、メニューから「集客 > Serach Console > ランディングページ」とクリックすると、以下のようにランディングページ画面が表示されます。

アナリティクス-検索クエリの調べ方03-ランディングページ

さらに、ページのリンクをクリックすると、そのページの検索に使われた検索クエリの情報が表示されます。この検索クエリの情報を見ることで、ユーザーが何を求めて検索したのか、検索キーワードとズレがあるかなどがわかります。

アナリティクス-検索クエリの調べ方04-ランディングページ-ページ詳細

今、ここに表示されている検索クエリは、すべてインフォメーショナルクエリですね。

検索クエリからわかることは?

検索クエリと検索キーワードは、似ているようでまったく別物です。WEBマスターとして、両者の違いを知ることはとても大切だとわかってもらえたでしょう。

検索クエリを見れば、WEBサイトに対するユーザーの検索傾向がわかります。

そして、ページごとの検索クエリを分析すれば、そのページのアクセス数やコンバージョン数を上げるために足りないところ、具体的な修正方法がわかります。

もし検索クエリを知ることができなければ、そのページをどのように修正して良いか検討がつかなくなってしまうくらい重要なものだと認識してください。

検索クエリを使った問題発見の方法、検索クエリの表示回数、クリック率、平均掲載順位などから、具体的にページを修正する方法については、別途お話したいと思います。