Twitterのアカウント名・ユーザー名変更のやり方と変えるデメリット

Twitterのアカウント名・ユーザー名の変更方法と変えるデメリット

アカウント名やユーザー名を変更する理由

Twitterには、さまざまな用語がありますが、「アカウント名」「ユーザー名」が何を指すのか知っていますか。

Twitterは、自分が使っているアカウント名やユーザー名を変更することができます。

変更する理由は人それぞれですが、たとえば、あまり知られたくない人に見つかってしまった場合、バレてしまいそうな場合などが考えられます。

では、本当にユーザー名やアカウント名を変更すれば、身バレを防げるのでしょうか。また、ユーザー名やアカウント名を変えたときに何かデメリットはないのでしょうか。

今回は、ユーザー名とアカウント名の変更方法と変えたときのデメリット、また変更することでフォロワーに対して何が変わってしまうのかについてお話したいと思います。

アカウント名とユーザー名の違い

Twitterのアカウント名とは

Twitterのアカウント名(名前)は、Twitter内で呼ばれる”名前”のことです。SNSやWEBサービスによっては、ニックネームと呼ばれるものです。

Twitterのアカウント名とユーザー名

プロフィール画面などを見ると、このように表示されていますが、上がアカウント名、下がユーザー名です。

Twitterのユーザー名とは

Twitterのユーザー名とは、「@○○○○」で構成された表示名のことです。 Twitterにログインする際は、このユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを使いますね。

ちなみに、Twitterユーザー、Twitterアカウントという言葉がありますが、これはどちらも対象の相手を指す言葉なので、普段使いではとくに違いはないものだと思って良いでしょう。

Twitterアカウント名・ユーザー名の変更で変わること

Twitterのアカウント名・ユーザー名を変える際は、以下のことに注意が必要です。

アカウント名変更で変わること

アカウント名を変更すると、タイムラインや通知で表示されるツイートの名前の部分が変わります。過去のツイートや通知も変わります。

ただそれだけのことですが、ユーザーをアカウント名で認識している人は、以下の太字部分が全く違う表示になると、誰かわからなくなるかもしれません。

Twitter-アカウント名変更で変わるところ

アカウント名を変えても、表示される名前以外は変わりません。そのため、Twitterを運用するうえで、とくにデメリットはないと思います。

ただし、表示される名前(アカウント名)が変わったことは、普段Twitterで絡んでいる人にはダイレクトメッセージなどで伝えた方が良いかもしれません。

ユーザー名変更で変わること

アカウント名と同様、ユーザー名を変更することでタイムラインや通知で表示される「@○○○」部分が変わります。過去のツイートや通知も同様です。

Twitter-ユーザー名変更で変わるところ

また、プロフィール画面のURLが変わります。

たとえば、現在の東京都交通局のユーザー名は「@toeikotsu」です。そのため、東京都交通局のTwitterプロフィール画面のURLは「https://twitter.com/toeikotsu」です。

もし仮に、東京都交通局のユーザー名を変更して「@tokyotokoutsu」になった場合、Twitterプロフィール画面のURLは「https://twitter.com/tokyotokoutsu」に変わってしまいます。

アカウント名の変更方法

では、実際にアカウント名を変更してみましょう。

メニューから「プロフィール」をタップして、プロフィール画面を開きます。「変更」をタップして、変更画面を開きます。

Twitter-プロフィールの変更01-プロフィール画面

以下の「名前」部分をタップすれば、名前を変えることができます。その他、「自己紹介」や「場所」、「Twitterアイコン」「背景画像」なども、この画面から変えることができます。

Twitter-プロフィールの変更03-名前の変更

「保存」をタップして変更を確定すれば、アカウント名の変更が反映されます。過去のツイートや相手の通知も全て、変更したアカウント名が表示されています。

ユーザー名の変更方法

次に、ユーザー名の変更方法です。

メニューから「設定とプライバシー」をタップし、設定とプライバシー画面で「アカウント」をタップします。

Twitter-ユーザー名の変更01-設定とプライバシー

アカウント画面で「ユーザー名」をタップします。

Twitter-ユーザー名の変更02-アカウント画面

上に「現在」のユーザー名が表示されています。「新規」のユーザー名部分をタップして、新しいユーザー名を入力してください。入力が終わったら「完了」をタップしてください。

Twitter-ユーザー名の変更03-ユーザー名を変更

「ユーザー名を変更してもよろしいですか?」に対して「次へ」をタップします。

Twitter-ユーザー名の変更04-ユーザー名を変更02

ユーザー名は15文字以内で、英数字とアンダースコア「_」のみ利用できます。また、ユーザー名はTwitter上に同じものがあると使えません。

Twitter-ユーザー名の変更05-ユーザー名を変更03

「完了」をタップすれば、ユーザー名の変更は完了です。これで、元のプロフィール画面のURLは変更されます。

Twitter-アカウント名変更でプロフィール画面のURLが変わる

アカウント名・ユーザー名変更で身バレは防げる?デメリットは

さて、上記を見て分かる通り、アカウント名の変更は単純に名前の表記が変わることに対して、ユーザー名の変更はプロフィール画面まで変わってしまうため、なんとなく身バレが防げそうな気がします。

実際、それほどTwitter(やIT)に詳しくなければ、アカウント名とユーザー名両方を変えることで、身バレが防げると思います。その後の関係者(Twitterでつながっている人)への通知が少々面倒ですが……。

ただし、Tiwtter(やIT)に詳しい人が対象の場合、注意が必要です。それは「ユーザーID」の存在です。Twitterには、アカウント名、ユーザー名の他に、ユーザーIDというものもあります。

ユーザーIDはユニークな識別番号のため、変更することはできません。

また、ユーザー名を変更してプロフィール画面のURLが変わったとしても、ユーザーIDを入力するとプロフィール画面が表示されてしまいます。

わたしのユーザーIDは、「861738968」です。このユーザーIDを使って以下のように記述すると、プロフィール画面が表示されます。ユーザー名が変わっても、このURLは変わりません。

「https://twitter.com/intent/user?user_id=861738968」

ユーザーIDは、Twitter内には表示されませんが、HTMLソース内にはバッチリ書かれています。また、以下のツールなどを使うと、ユーザーIDは簡単にわかってしまいます。

idtwi | Twitter IDチェッカー(変更履歴の追跡)

というわけで、もし相手がユーザー名を覚えていたら、バレてしまう可能性があるということです。まぁ、ここまで理解している人はそれほどいないとは思いますが。