相手に通知されずにツイート保存!Twitterブックマーク機能の使い方は

Twitterのブックマーク機能の使い方

メニューのブックマークをタップすると

Twitter公式アプリ、またはTwitter公式モバイルサイトに、「ブックマーク」というメニューがあります。試しにタップしてみると、このような画面が表示されます。

ブックマークなので、保存しておくことなのだとは想像がつきますが、この機能はどのようなものなのでしょう。何のためにTwitterにブックマーク機能があるのでしょうか。

今回は、Twitterのブックマーク機能とその使い方に関してお話したいと思います。

Twitterのブックマーク機能とは

Twitterのブックマーク機能とは、Twitter公式アプリ、またはTwitter公式モバイルサイトで実装されているツイートを保存するための機能のことです。

後で読み返したいツイートやとりあえず保存しておきたいツイートは、ファボ(いいね)したり、リツイートして自分でわかるように管理している人もいると思います。

ただ、ファボやリツイートでは相手に通知が送られます。通知は、自分に届く分は制限できますが、相手に届く分を制限することはできません。そのため、相手にバレるのが嫌でファボやリツイートをしていない人もいます。

ブックマークは相手に通知されない

ブックマーク機能を使えば、相手に通知が届くことはありませんし、自分以外はそのツイートをブックマークしたこともわかりません。

そのため、好きなだけツイートを保存して、後から確認できます。個人的なメモ機能だと思えば良いですね。わたし個人には、Twitterを使いこなすうえで、とても便利な機能です。

ブックマーク機能の使い方-保存方法

ツイートを開いて共有をタップする

保存したいツイート、後から読みたいツイートを開いて、「共有ボタン」をタップします。

ブックマーク機能01-ツイート詳細

ブックマークに追加をタップする

ツイートを共有の「ブックマークに追加」をタップします。これで、このツイートがブックマークとして保存されました。

ブックマーク機能02-ブックマークに追加

ブックマークを確認する

サイドメニューを開いて、「ブックマーク」をタップします。

ブックマーク機能03-サイドメニュー

ブックマーク画面に、ブックマークしたツイートが表示されました。もちろん、ブックマーク画面からもリプライを飛ばしたり、リツイートやファボもできます。

ブックマーク機能04-ブックマーク画面

ブックマーク機能の使い方-削除方法

ブックマーク画面からブックマークを削除する方法は、個別削除と全体削除の2種類です。

ブックマークツイートを個別に削除する

ブックマーク画面に保存したツイートの「共有ボタン」をタップします。

ブックマーク削除01-ブックマーク画面

ツイートを共有から、「ブックマークから削除」をタップすれば削除完了です。

ブックマーク削除02-ブックマークから削除

ブックマークツイートをすべて削除する

ブックマーク画面上部の「・・・(三点リーダー)」をタップします。

ブックマーク削除03-ブックマーク画面

「保存を全て削除」をタップします。

ブックマーク削除04-保存をすべて削除

「はい」をタップすると、ブックマークツイートが全て削除されます。

ブックマーク削除05-ブックマークに追加したツイートがすべてクリアされます。

パソコンでもモバイル版ならブックマークできる

ブックマーク機能は、Twitter公式アプリ、またはTwitter公式モバイルサイトの機能で、パソコンでは使えないとお話しましたが、無理やりであれば使うことはできます。

それは、以下のTwitter公式モバイルサイトにパソコンでアクセスすることです。今パソコンでこの画面を見ている人は、以下のリンクをクリックして確かめてみてください。

Twitter公式モバイルサイト
「https://mobile.twitter.com/home」

パソコンのTwitter公式サイトでは表示されない「共有ボタン」がツイートに付加されています。もちろん、メニューにも「ブックマーク」があるので、表示も削除もモバイルと同じようにできます。

パソコン版Twitter公式サイトとモバイル版Twitter公式サイトには、メニューや機能に多少の違いはありますが、使い勝手はそれほど変わりません。

もし、普段パソコンでTwitterをしている人は、気に入ったらモバイル版Twitter公式サイトをパソコンで開いて利用しても良いと思います。