更新頻度が高いと検索順位も高い?SEOに効果的な更新は

サイトの更新頻度を上げるメリット

WEBサイトの更新してますか

あなたは、どれくらいの頻度でWEBサイトを更新していますか。また、WEBサイトの更新として、どのようなことをしていますか。

WEBサイトの更新頻度を上げることはとても重要だと言われていますが、その理由は何でしょうか。

「WEBサイトの更新頻度を上げるとSEO効果が期待できる。」「更新頻度が下がると検索順位も下がる。」などを聞いたことがある人もいるでしょう。

たしかに、WEBサイトの更新頻度を上げた方が、多くのメリットがあり、結果的にSEO対策になる、検索順位が上がることは間違いありません。

ただし、WEBサイトの更新頻度を上げるという行為に誤解があっては意味がありません。

そこで今回は、WEBサイトの更新頻度をあげるメリット、間違ったWEBサイトの更新方法についてお話したいと思います。

更新頻度はSEOに関係がない

いきなり冒頭で書いたことと反対のことを言うようですが、単純に更新頻度が高いことで検索順位が上がるわけではありません。

ここで言う「更新頻度が高いことで検索順位が上がる」とは、昔うわさになった「検索エンジンからのクリックが多いほど検索順位が上がる」というものとそれほど変わらない考え方でしょう。

2004-2005年ごろ、そのうわさを信じて、ずっとポチポチクリックし続けた人はいるはずです(わたしがそうだったので……)。

WEBサイトの更新頻度を上げることが重要なのは、以下の2つの意味があるためです。

更新によってクローラビリティが高まる

WEBサイトにとってインデックスとは、WEBマーケティングを行うための生命線です。そして、クローラビリティを高めることは、その生命線を太くするために重要な行為です。

クローラビリティを高めるために重要なことの1つが、WEBサイトの更新頻度を高めることです。

意味のある更新によって評価が高まる

WEBサイトの更新には、意味のある更新と意味のない更新(してはいけない更新)があります。

意味のある更新を行えばSEOに効果がありますが、意味のない更新を行っても時間の無駄どころか、マイナスになるかもしれません。

そのため、WEBサイトの更新は闇雲に行うのではなく、更新すべきポイントを絞り、更新する意味と目的をしっかり理解してから行わなければいけません。

SEOに効果がないWEBサイトの更新とは

前述した通り、WEBサイトを闇雲に更新しても意味はありません。それどころか、更新のやり方によってはGoogleからペナルティを受ける場合もあります。とくに以下の更新は行わないようにしましょう。

日付のみを最新に書き換える更新

WEBページを新しい投稿日、更新日に書き換えるだけの更新をしても意味はありません。URLが変わらない限り、Googleには同じページだと認識されます。

パーマリンクだけを書き換える更新

PVが少ないWEBページのパーマリンクを書き換えて更新すると、Googleは新しいページができたと認識します。

ただし、以前のURL情報(インデックス)がGoogleに残ったまま以前と同じ、または似通った内容のページができることになるため、重複ページとして扱われる場合があります(まぁ、301リダイレクトをかければ良いのですが)。

画像を差し替えるだけの更新

まず、Googleは画像の内容まで判断できないため、画像差し替えは意味がありません。ただし、100kbの画像を10kbに差し替える行為であればページスピードの向上につながるため、多少意味はあります。

一部の文字や文章変更による更新

一部の文字の変更は、キーワードの誤字修正であればそれなりに意味がある場合もあるでしょう。一方、「です・ます」の変更など、文体の修正には大きな意味はありません。

質の低い新しいページの更新

新しいページを大量に追加しても、質が低いページであれば意味はありません。「質が低い」の定義は難しいのですが、以下のものは確実に低品質どころか、Googleからペナルティを受ける恐れがあります。

自動生成されたコンテンツ
内容の薄いアフィリエイト ページ
他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
誘導ページ

これらのテクニックは、実質的に固有または価値あるコンテンツをユーザーに提供するものではないため、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する行為です。

[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

SEOに効果があるWEBサイトの更新とは

SEOに効果があるWEBサイトの更新とは、品質が低いページをなくすための更新です。品質が低いページは、なるべくWEBサイトに残さないようにしましょう。

ただ、どうやって品質が低いページを排除するかは、場合によって異なります。一般的な優先順位は、「1.ページの改善>2.ページの統一>3.noindex処理>4.ページの削除」と考えてください。

リタイトル・リライトで品質改善する

State of Search Conference 2017において、Googleスイスのサーチトレンド・アナリストGary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏は、品質が低いWEBページは「削除」や「noindex」をするよりも、品質を改善した方がより良いと述べています。

Removing Low Quality Pages Won’t Result in Sitewide Google Rankings Boost

品質が低いページの発見方法は様々あります。詳細は別途お話しますが、基本的にはサーチコンソールのデータから一定の基準を下回るページを発見し、リタイトル、リライトを中心に改善を図ります。

内容が重複するページを統一する

品質が低いページで、WEBサイト内に内容が重複するページがある場合は統一してしまいましょう。

ただし、無理やり統一するのではなく、品質が低いページが統一先のページ内容を補える場合のみです。統一に際して、必要がない文章はバッサリカットしてください。

統一をしたら、統一前のページから統一先のページに対して301リダイレクトをかけてください。

noindex処理をする

すぐに品質が低いページを改善できない場合は、ひとまずmetaにnoindexを記載して、品質が低いページをGoogleに認識させないようにしましょう。

noindexで品質が低いページをインデックスさせないことで、WEBサイト全体の質を上げる効果があると言われていますが、やはりnoindexするよりは、改善をした方が効果は高いでしょう。

ページを削除する

改善も統一もできず、noindexする価値もないページは削除するしかありません。

たとえば、5年前のフロー記事で、すでに終わってしまったサービスの紹介、うわさにはなったけど否定されて時間がたった技術、賞味期限切れの時事ネタなどが削除対象です。

わたしは基本的に、PVが少なくても、被リンクがなくてもページを削除することはありません。だってせっかく書いたのにもったいないですし。ここ4-5年で書いたものは、とくにそうならないように気をつけています。

ただそれ以前に書いたものは、フロー記事や賞味期限切れのものも多く、削除するしかないページもたくさんありました。

更新の基本は質が高いページを新規追加すること

WEBサイトの更新頻度をあげる基本は、やはり新規ページを追加することです。ただし前述した通り、質が低いページを量産しても、意味がないどころかペナルティの対象になる恐れもあります。

そのため、少しずつで良いので、質の高いページを追加することを基本的な更新と考えてください。

質の高い記事とは、Google General Guidelines(Google検索品質評価ガイドライン)を理解することがベストなのですが、英語版しかありません。日本語訳は有志の方々がしてくれているようですが、改定があると日本語訳もなかなか追いつかないようです。

ただ、質の高いコンテンツを作ること(=SEO対策)の基本は今までと変わらず、以下の3つを追求することです。

SEOの3つの基本対策
1.キーワードに合致したタイトル、コンテンツを作る
2.コンテンツに独自性・専門性を持たせる
3.別のWEBページから被リンクをもらう

その中でも、とくにE-A-T(専門性、権威性、信頼性)は近年重要度が急速に高まっています。

E-A-Tを意識したWEBページ作り、コンテンツ作りに関しては、また別途お話したいと思いますが、簡単に話すと以下の通りです。

1ページ1キーワードでコンテンツを深掘りする。そのようなページ群を作る。質の高い被リンク・サイテーションを獲得すると同時に、E-A-Tに根差した発リンクをする。発信者(WEBサイト)のSNSエンゲージメントを高める。長期視点でブランディングをする。などなど……。

つまり、これまでのように小手先テクニックのSEOではなく、WEBサイトを通してユーザーから信頼を勝ち取り、発信力を高めていく必要があるということです。