ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違いと見方

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違いと使い方

Googleアナリティクスでもっとも大切な数値は

Googleアナリティクスの中でもっとも大切な数値はが何かわかりますか。

たとえば、ユーザーサマリーで確認できる数値は、「ユーザー」「新規ユーザー」「セッション」「ユーザーあたりのセッション数」「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」です。

Googleアナリティクスのユーザー数、セッション数、ページビュー数

この中で初めに理解すべき大切な数値は、「ユーザー数」「セッション数」「ページビュー数」です。これらの意味を間違って覚えると、後からサイト分析の支障になります。

今回のテーマ
今回は、ユーザー数、セッション数、ページビュー数について知りたい人のために、次の内容をお話します。

  • ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違い
  • セッションの数え方、セッションが切れる条件

それでは早速見ていきましょう。

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違い

理解しやすいページビュー数、ユーザー数、セッション数の順番で解説していきます。

ページビュー数とは

ページビュー数(PV|Page View)とは、WEBサイトのページが閲覧された回数のことです。PV数とも言います。

そのWEBページ訪れる度に1カウント増えますし、同ページで1回リロード(再読み込み)しても1カウント増えます。

ユーザー数とは

ユーザー数(UU数)とは、WEBサイトに訪問したユーザーの人数のことです。UU(Unique User)はユニークユーザーなので、固有のユーザーという意味ですね。

WEBサイトに訪れた人数を数えるため、たとえばあるユーザーが3月10日、3月15日、3月20日に同じWEBサイトを訪れたとしても、そのWEBサイトのユーザー数は1です。

ただし、WEBサイトはユーザー個人を認識しているわけではないため、違うPCやスマホなどアクセス端末が変われば、それだけユーザー数も増えます。

セッション数とは

セッション数(訪問数)とは、WEBサイトにユーザーが訪問してから離脱するまでの回数のことです。あるWEBサイトから離脱することを「セッションが切れる」など表現します。

上記例だと、ユーザーが3月10日、3月15日、3月20日に同じWEBサイトを訪れたため、そのWEBサイトのセッション数は3になります。

ユーザーがセッションから離脱する(セッションが切れる)には、いくつかの条件があります。

ユーザーのセッションが切れる条件

サイト訪問から一定時間が経った場合

ユーザーがWEBサイトに訪れてからページを移動しないで30分経った場合は、セッションが切れ(セッションタイムアウト)て、新しいセッションになります。

Googleアナリティクスのセッションタイムアウトの時間は、初期設定で30分ですが、最小1分から4時間まで設定できます。

Googleアナリティクスのセッション時間の設定画面.png

セッションの設定は、Googleアナリティクスの管理画面からプロパティにある「トラッキング情報 > セッション設定」と移動して、設定してください。

日付けが変わった場合

ユーザーがWEBサイトに訪れてからページを移動せず、30分が経っていなくても、日付が変わった場合はセッションが切れます。日付は、Googleアナリティクスで設定したタイムゾーンに基づきます。

Googleアナリティクスのタイムゾーンの設定画面

タイムゾーンの設定は、Googleアナリティクスの管理画面から、ビューにある「ビューの設定」から行ってください。

参照元が変わった場合

ユーザーがWEBサイトに訪れた後に一旦サイトから離れ、30分以内(設定による)に別の参照元(リファラー)からサイトに流入した場合は、前回のセッションが切れて、新しいセッションになります。

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の見方を理解する

もしまだWEBマスター(管理者)になって日が浅い人は、毎日Googleアナリティクスを見て、数値からわかることを増やしてください。

最初はじっくり眺める必要はありませんし、何かを発見する必要もありません。

まずは、「ユーザー > 概要」から、日々のユーザー数、セッション数、ページビュー数の推移を見るようにしてください。

そして、急激な数値の変化が起こるなど特徴的な変化があったら、その原因が何かを少しずつ調べられるようにしましょう。

WEB解析ツールはいろいろありますが、たくさん使えば良いわけではありません。

まずは、Googleアナリティクスのリアルタイム、日時、月間などのユーザー数、セッション数、ページビュー数の見方や変化からの気付きを大切にしましょう。