ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違いと見方

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違いと使い方

アナリティクスで大切な指標

わたしたちWEBマスター(管理者)は、WEBサイトを改善したり、WEBマーケティングを行うために、日々Googleアナリティクスとにらめっこをしています。

意図もなく詳細まで何時間も眺めるのは時間の無駄ですが、最低でもさまざまなサマリー(概要)は毎日ちらっと見て、数値の変化を確認するはずです。

たとえば以下のユーザーサマリーで確認できる数値には、「ユーザー」「新規ユーザー」「セッション」「ユーザーあたりのセッション数」「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」があります。

Googleアナリティクスのユーザー数、セッション数、ページビュー数

中でも最初に理解すべき基本の数値は、「ユーザー数」「セッション数」「ページビュー数」です。これらの意味を勘違いして覚えてしまうと、後から分析の支障になる恐れがあります。

そこで今回は、ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違いと使い方についてお話したいと思います。

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違い

理解しやすい、ページビュー数、ユーザー数、セッション数の順番で解説していきます。

ページビュー数とは

ページビュー数(PV数)とは、管理しているサイトのWEBページが閲覧された回数のことです。

単純にページが見られた回数なので、あるWEBページから違うWEBページに移動すると1カウントされますし、同ページで1回リロード(最読み込み)しても1カウントされます。

ユーザー数とは

ユーザー数(UU数)とは、管理しているサイトに訪問したユーザーの人数のことです。UU(Unique User)はユニークユーザーなので、固有のユーザーという意味ですね。

WEBサイトを訪れた人数を数えているため、たとえばあるユーザーが3月10日、3月15日、3月20日に同じWEBサイトを訪れたとしても、そのWEBサイトのユーザー数は1です。

ただし、WEBサイトはユーザー個人を認識しているわけではないため、違うパソコンやスマホなどアクセスする端末が変われば、それだけユーザー数も増えます。

セッション数

セッション数(訪問数)とは、管理しているサイトにユーザーが訪問してからセッションを離脱するまでの回数のことです。

上記の例でいうと、ユーザーが3月10日、3月15日、3月20日に同じWEBサイトを訪れているため、そのWEBサイトのセッション数は3になります。

ユーザーがセッションから離脱する(セッションが切れる)には、いくつかの条件があります。

ユーザーのセッションが切れる条件

サイト訪問から一定時間が経った場合

ユーザーがWEBサイトに訪れてからページを移動しないで30分経った場合は、セッションが切れ(セッションタイムアウト)て、新しいセッションになります。

Googleアナリティクスのセッションタイムアウトの時間は、初期設定で30分ですが、最小1分から4時間まで設定することができます。

Googleアナリティクスのセッション時間の設定画面.png

セッションの設定は、Googleアナリティクスの管理画面から、プロパティにある「トラッキング情報 > セッション設定」を選択してください。

日付けが変わった場合

ユーザーがWEBサイトに訪れてからページを移動しないで30分が経っていなくても、日付が変わった場合はセッションが切れます。日付は、Googleアナリティクスで設定したタイムゾーンに基づきます。

Googleアナリティクスのタイムゾーンの設定画面

タイムゾーンの設定は、Googleアナリティクスの管理画面から、ビューにある「ビューの設定」を選択してください。

参照元が変わった場合

ユーザーがWEBサイトに訪れた後に一旦サイトから離れ、30分以内に別の参照元(リファラー)からサイトに流入した場合は、前回のセッションが切れて、新しいセッションになります。

ユーザー数、セッション数、ページビュー数の推移を見る

もしまだWEBマスター(管理者)になって日が浅い人は、毎日Googleアナリティクスを見て、数字からわかることを増やしてください。

最初はじっくり眺める必要はありませんし、眺めすぎて時間を使いすぎる必要もありません。

まずは、「ユーザー > 概要」を選択して、最低限日々のユーザー数、セッション数、ページビュー数の推移を見るようにしてください。

そして、急激な数値の変化が起こった場合、また数日かけてゆっくり増加(減少)している場合に、その原因が何かを詳しく見るようにしましょう。

WEB解析ツールはいろいろありますが、たくさん使えば良いわけではありません。

まずは、Googleアナリティクスのユーザー数、セッション数、ページビュー数の見方や変化からの気付きを大切にしましょう。