今後もFacebookページを活用するために必要な14の運用ルール

2014年7月28日:初稿

今後もFacebookページを運用すべき?

Facebookページをマーケティングに活用する価値が薄れてきたと思っている人は多いかもしれません。

たしかに最近は、Facebookをどうやってうまく活かすか、いいね!を獲得するにはどうするかなどの話題はあまり聞かなくなりました。

2013年にはいいね!の規制があったため、すでにFacebookページの運用を難しく感じる企業が出始めていましたね。

では、Facebookページが企業にとって価値を失くしてしまったかというと、そうではありません。

Facebookだけではなく、Twitter、LINE、インスタグラムなどのソーシャルメディアには、それぞれプラットフォームに特徴があります。

企業はそれぞれのソーシャルメディアの特徴を理解して、自分たちにあった方法で運用するべき時期がやってきた、と考えてください。

現にFacebookは、オウンドメディアと対を成す「アーンドメディア」としての価値を高めています。アーンドメディアという新しい言葉が出てきても、これまでと180度運用方法が変わるわけではありません。

アーンドメディアとは、企業が信頼や評判を獲得するために、口コミで紹介するブログやSNSのことです。アーンドメディアでは、商品やサービスの過剰な売り込みを行ってはいけません。

そこで、何に気をつければ良いFacebookページの運用ができるかを「質の高い投稿のルール」「反応をもらえる投稿のルール」という観点から明確にしてましょう。

Facebookページの投稿を高品質に保つルール

Facebookページ運用で気をつける点は、「投稿するコンテンツ内容の質」です。

Facebookが定める品質の評価は1000以上のアルゴリズムで構成されていますが、その中でも以下のポイントがあります。

タイムリーで関連性のあるコンテンツか

投稿する内容は、あなたのFacebookページに関連性が高く、ニュース性が強い話題のほうが品質が高くなります。

コンテンツに信頼性はあるか

投稿するコンテンツはファクトでなければいけません。虚偽の内容だと、品質が下がってしまいます。

シェアやいいね!をしてもらえるコンテンツか

コンテンツかに対するシェアやいいね!は、共感が得られなければもらえません。シェアやいいね!がなければ品質は下がります。

あなたにとって面白いコンテンツか

そもそも、投稿するあなた自身が面白いと思う内容でなければいけません。

ネガティブフィードバックをされないか

ネガティブフィードバックとは、以下のことを言います。ネガティブフィードバックをされないとは、簡単に言うと嫌われない投稿のことですね。

ネガティブフィードバックの定義
1. 特定のフィードを表示しない設定をする
2. 対象者の全てのフィードを表示しない設定をする
3. フィードをスパムとして報告する
4. 一度付けたいいね!を解除する

Facebookページで反応をもらえる投稿のルール

品質が高いコンテンツを理解できたら、次は具体的に反応をもらえる投稿のルールを覚えましょう。

短く・簡潔に・わかりやすくする

投稿した内容にいいね!をもらうためには、短く・簡潔に・わかりやすくが鉄則です。下図を見ると分かる通り、文字数が少ないほど、いいね!やコメントを獲得できています。

企業がファンに伝えたい内容はたくさんあると思いますが、文字数は100文字以下に押さえた方が良いでしょう。

more-engaging-Facebook-page-track-social-short-posts

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

写真を使ってアクションをうながす

以下の左右の写真投稿では、どちらの方が、「いいね!」「コメント」「CTR(クリック率)」が高いでしょうか。

more-engaging-Facebook-page-hubspot-image-test

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

反応が大きいのは、テキストのみ<小さな画像<大きな画像 です。

more-engaging-Facebook-page-image-posts

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

ちなみに、テキスト投稿よりも写真投稿の方が、いいね!が53%、コメントが104%、CTRが84%多くなります。

顔文字を使って、より共感を得る

企業の投稿だからといって、感情を排除した投稿をしても、ファンの共感は得られません。

Screen-Shot-2013-07-23-at-6.45.08-PM

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

顔文字を使うことによって、いいね!が57%、コメントが33%、シェアが84%多くなります。やはり、機械的な投稿よりも、人間の存在を感じさせる投稿のほうが共感が増しますね。

反応が大きい曜日・時間に投稿する

投稿する曜日・時間がソーシャルアクションに影響を及ぼします。以下の事例では、他の曜日に比べて、木曜日と金曜日は18%ソーシャルアクションが多いということがわかります。

Screen-Shot-2013-07-23-at-6.47.02-PM

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

もちろん、業種やあなたのFacebookページのファン層によって、曜日や時間帯の反応は異なるはずです。いくつかのパターンを試して、効果的な投稿日時を決めてください。

コメントが欲しければ疑問形で投稿する

投稿にコメントが欲しければ、文章は疑問形にしてください。そうすることで、通常の投稿の2倍近くコメントが得られるというデータがあります。

more-engaging-Facebook-page-questions-1

7 Powerful Facebook Statistics You Should Know for a More Engaging Facebook Page – – The Buffer Blog

ただし、いいね!とシェアが普通の投稿よりも減少しているため、使い所に注意しましょう。

Facebookページで必要がなくなったルール

Facebookページは、オウンドメディアの対のアーンドメディアとして、これまでとは違う役割を担う存在になります。役割が変わって必要がなくなった運用ルールがあるため、押さえておきましょう。

無理やりいいね!を集める必要がない

以前は、Facebookページ自体がたくさんのファン(いいね!)を集めなければいけない、と言われていました。

そのため、プレゼントキャンペーンやアプリのアイテムと絡めたいいね!を獲得する方法が流行っていましたが、Facebookのプラットフォームポリシーの改訂によって、今後はそれもできなくなりました。

無理やり盛り上げる必要がない

これまでFacebookで行われていた情報提供の役割は、オウンドメディアが担うことになり、Facebookでは情報の補完やコミュニケーションツールという立ち位置になります。

今後は、オウンドメディアからFacebookページに誘導を促し、Facebookページ上ではあなたが得意としている分野の情報を伝えて、満足してもらうことに集中できます。

無理やり出口に誘導する必要がない

これまでFacebookでは、様々なマーケティングを行うプラットホームとして使われてきました。

なぜなら、Facebookに人を集めて、そこから成果(収益など)に結びつけようとしてきたためです。

今後Facebookがアーンドメディアの役割を担えば、そこは成果を求める場ではなく、純粋なファンが集う場所になるはずです。これまでのように無理やり収益につなげる必要はありません。