Facebookページの投稿表示を左右するエッジランク徹底解説

読了目安:[3 分

Facebookエッジランクとは

Facebookエッジランクとは

みなさん、Facebookエッジランクをご存知ですか?

Facebookのニュースフィードには、「最新情報」と「ハイライト」という表示方法があります。「最新情報」は文字通り最新情報から表示します。「ハイライト」は個人ごとに最適化された情報が表示されます。

Facebookエッジランクとは、「ハイライト」の表示選択を選定するためのアルゴリズムのことです。

Facebookエッジランクを構成する3つの要素

Facebookエッジランクを構成する3つの要素

Facebookエッジランクには3つの要素があります。

親密度(Affinity Score)

フィードアイテムの創り手と閲覧者との間の関係性、つまり普段どれだけコミュニケーションをとっているかが重要になります。アクションとしては、「コメント」「いいね!」「タグ付け」「メッセージ」「プロフィール閲覧」等ということになります。

重み(Weight)

投稿に対して「いいね!や「コメント」などのリアクションがされた回数がスコア化されています。リアクションの種類によって加算スコアが変わります。例えば、「いいね!」より「コメント」のほうがスコアが高いと言われています。

※動画>写真>リンク>コメント>いいね!→この順序でスコアがとられているという説もあります。

経過時間(Time)

Facebookに「投稿がポストされてからの経過時間」と 「リアクションが付いてからの経過時間」の2つがみられています。

Facebookエッジランク3つの要素の優先度

先ほどご紹介したFacebookエッジランク3つの要素には優先度があります。

Facebookエッジランク3つの要素の優先度:経過時間>親密度>重み

ここに関しては、正式発表はされていないですが、経過時間>親密度>重み の順番でスコアを優先的に算出していると想定しています。

「経過時間」の優先度が高いのは当たり前ですね。例えば1年経った情報は重要さが薄れます。

「親密度」のほうが「重み」より優先度が高いのは、「個人個人のコミュニケーションを最適化する」ということを考えれば、理解して頂けると思います。

私が「いいね!」を押しているFacebookページはかなりの数があります。その中には、投稿1つ1つに対して多くの「いいね!やコメント」を集めているページもあります。それにも関わらず私のフィードに表示されないことを考えると、「親密度」のほうが優先度が高いと推察できるわけです。

「親密度」をあげるためには、BCEIを意識することが一番効率が良いでしょう。

「BCEI」とは2012年7月に行われた「モバイル&ソーシャル WEEK 2012」にて、Facebookのマーケティングマネージャー須田伸氏が、各国企業のFacebook利用実績から導き出されたFacebookマーケティングの成功フローを形成する、

BCEI
Build
Connect
Engage
Influence

の4つの言葉の頭文字をとって作られた言葉です。

参考:いいね!を集めにくくなったFacebookページをいつやめるべきか?今でしょ!ではない

Facebook新要素「ネガティブフィードバック」とは

新要素「ネガティブフィードバック」とは

2013年4月ごろだったと記憶していますが、上記に説明した「Facebookエッジランクを構成する3つの要素」にプラスして新要素「ネガティブフィードバック」が発表されました。

「ネガティブフィードバック」とは、ユーザーが投稿に対して否定的なアクションを取ることを指します。

ネガティブフィードバックの定義

ネガティブフィードバッグとは、ユーザーによる以下の4つのアクションです。

1. ファンが特定のFacebookページの特定の投稿を表示させない設定をする
2. ページ全ての投稿を表示させない設定をする
3. 投稿をスパムとして報告する
4. 一度付けたFacebookページ いいね!を解除する

あなたのFacebookページがこういったアクションを多くうけてしまうと、ニュースフィードに投稿や広告が表示されにくくなってしまいます。

Facebookエッジランクをあげるためには

Facebookエッジランクをあげるためには

Facebookエッジランクをあげるためには、「毎日、写真や動画を投稿し、ユーザーからたくさんのアクションをもらい、かつネガティブな印象をもたせない 」。これに尽きると思います。

具体的には、

Facebookページにいいね!を押したユーザーに対して、興味あるフィードアイテムを提供し続け、且つページの確認を必要とするアクションをさせる。更に、ユーザーがいやがるような投稿はさける。

基本的には投稿の質が重要になります。もちろん効果的なFacebook運用が何かわからない企業も多いと思いますが、それぞれ業種も提供商品も違うため、日頃の効果検証によってしかわかりません。

「1日○回はFacebookに投稿する」などのルールをもうけて運用しているなら、1回の投稿が一人でも多くのユーザーにリーチするための工夫を考え、運用していったほうが良いでしょう。

この内容に関しては、また機会があればご紹介したいと思います。

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!