Yahoo!アクセス解析の訪問組織ランキングはネタとして面白い

読了目安:[7 分

Yahoo!アクセス解析の訪問組織ランキングが面白い

Yahoo!アクセス解析を使うと、Googleアナリティクスの基本設定ではわからなかったデータが多く出てくるので、面白いです。

例えば、「訪問組織ランキング」というものがありますが、これは各社の独自ドメイン下にあるネット接続環境でアクセスがあった場合に、IPアドレスからその組織名を取得してくれるというものです。

つまり、どの企業や公共機関などからアクセスが多いかということが、実企業名でわかってしまいます。

ちなみに、Googleアナリティクスでもデータを取得することはできますが、1社1社登録をしなければいけません。…かなり面倒です。

このようなデータは、特にメーカー企業や商品サイトなどで、顧客の傾向や営業につなげるためと考えると使い勝手が良いデータだと思います。

どのようなものなのかイメージを掴んでいただくために、わかること!の「訪問組織ランキング」データを見てみましょう。

アクセス解析データ集計期間は2014年8月20日~10月2日なので、おおよそ1か月半ほどです。

訪問組織ランキンググラフ

では、まずグラフを見てみましょう。

Yahoo!アクセス解析_訪問組織ランキング_グラフ

情報通信業からのアクセスが多いようです。

事業体から考えれば妥当なのですが、やはり情報通信業界では日々様々な情報を集めているということなのでしょう。

例え、「アシュレイ・マディソン」で検索してきたとしても、それは仕事かも知れませんし。

また、メーカーからのアクセスが多いこともわかります。

訪問組織ランキングトップ100

次に期間内の訪問組織トップ100を見てみましょう。

集計期間:2014年8月20日~10月02日

No. 組織名 業種 期間累計
Visit PV 初回
1 日立製作所 メーカー 172 216 Google検索
2 日本電気 メーカー 163 206 Google検索
3 パナソニック メーカー 124 153 Google検索
4 ソフトバンクテレコム 情報通信 121 154 Google検索
5 ヤフー 情報通信 120 144 Yahoo!検索
6 博報堂 マスメディア 118 150 Yahoo!検索
7 GMOインターネット 情報通信 90 129 参照元なし
8 KDDI 情報通信 75 86 Yahoo!検索
9 日本IBM 情報通信 72 90 Facebook
10 リコー メーカー 66 118 Yahoo!検索
11 富士通[fenics.jp] メーカー 62 73 Yahoo!検索
12 伊藤忠テクノソリューションズ 情報通信 54 76 Yahoo!検索
13 光通信 サービス業 53 63 Google検索
14 エヌ・ティ・ティ・ドコモ 情報通信 47 64 その他
15 NTTコミュニケーションズ 情報通信 44 67 Yahoo!検索
16 トランス・コスモス 情報通信 41 63 サイト内
17 パナソニック電工 メーカー 40 43 Yahoo!検索
18 小学/中学/高校 37 47 Yahoo!検索
19 朝日新聞社 マスメディア 29 34 Google検索
20 富士フイルム メーカー 29 33 Google検索
21 沖電気工業 メーカー 27 30 Google検索
22 東京大学 大学 26 28 Google検索
23 セコムトラストシステムズ 情報通信 26 29 Google検索
24 キヤノンマーケティングジャパン メーカー 26 33 Yahoo!検索
25 キヤノン メーカー 25 31 Google検索
26 日本通運 サービス業 25 37 Yahoo!検索
27 ネットイヤーグループ 情報通信 25 29 Google検索
28 シャープ メーカー 21 33 Google検索
29 大阪大学 大学 21 24 Google検索
30 エヌ・ティ・ティ・コムウェア 情報通信 20 26 Google検索
31 エン・ジャパン サービス業 20 22 Google検索
32 オリンパス メーカー 20 24 参照元なし
33 東京放送 マスメディア 20 26 Yahoo!検索
34 ビービット 情報通信 20 21 Google検索
35 日本生活協同組合連合会 サービス業 20 37 Google検索
36 日本大学 大学 19 23 Yahoo!検索
37 技術評論社 マスメディア 19 19 参照元なし
38 ニコン メーカー 19 27 Google検索
39 セイコーエプソン メーカー 18 27 Google検索
40 日産自動車 金融・商社 18 20 Yahoo!検索
41 三菱商事 金融・商社 18 22 Yahoo!検索
42 マツダ メーカー 18 20 Google検索
43 東横システム 情報通信 18 19 参照元なし
44 慶應義塾大学 大学 18 18 Yahoo!検索
45 エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ 情報通信 18 20 Google検索
46 アステラス製薬 メーカー 17 20 Google検索
47 バンダイナムコゲームス 情報通信 17 18 Google検索
48 大日本印刷 メーカー 17 19 Google検索
49 日本放送協会 マスメディア 17 22 Yahoo!検索
50 厚生労働省 公共機関 17 18 Google検索
51 リクルートスタッフィング サービス業 16 33 サイト内
52 日本ビクター メーカー 16 17 Google検索
53 富士通[fujitsu.com] メーカー 16 18 Google検索
54 大成建設 サービス業 16 21 Yahoo!検索
55 三井物産 金融・商社 16 23 Google検索
56 東京エレクトロン メーカー 15 17 Google検索
57 東北大学 大学 15 19 Google検索
58 千葉大学 大学 15 16 Google検索
59 ヤマハ発動機 メーカー 15 15 Google検索
60 山口県教育委員会 メーカー 15 18 Yahoo!検索
61 あとらす二十一 情報通信 15 21 Google検索
62 日本ユニシス 情報通信 15 17 参照元なし
63 ソネットエンタテインメント 情報通信 14 19 Google検索
64 ヤマト運輸 サービス業 14 16 Google検索
65 関西電力 公共機関 14 14 Google検索
66 クボタシステム開発 情報通信 14 15 Yahoo!検索
67 ヒューマンビジネスサービス サービス業 14 14 Yahoo!検索
68 静岡大学 大学 14 14 Google検索
69 日本テレビ放送網 マスメディア 14 16 Yahoo!検索
70 コナミ 情報通信 13 13 Google検索
71 Eストアー 情報通信 13 15 Google検索
72 スクウェア・エニックス・ホールディングス 情報通信 13 15 Google検索
73 フリーセル 情報通信 13 16 Google検索
74 佐川急便 サービス業 13 22 サイト内
75 ネクスト サービス業 13 15 サイト内
76 ナビタイムジャパン 情報通信 12 14 Yahoo!検索
77 森ビル サービス業 12 12 Google検索
78 電通レイザーフィッシュ 情報通信 12 15 Google検索
79 The Boston Consulting Group 情報通信 12 15 Google検索
80 ダイキン工業 メーカー 12 17 Google検索
81 関西学院大学 大学 12 13 Google検索
82 スタートトゥデイ サービス業 12 23 Yahoo!検索
83 ソフトバンク 情報通信 12 12 Google検索
84 大阪経済大学 大学 12 22 Google検索
85 米国海軍 公共機関 12 19 Yahoo!検索
86 東京理科大学 大学 12 16 Yahoo!検索
87 アマナ マスメディア 12 14 Google検索
88 双日 金融・商社 12 43 Google検索
89 日立造船 メーカー 11 12 Yahoo!検索
90 富士ソフト 情報通信 11 11 Google検索
91 コニカミノルタホールディングス メーカー 11 12 Yahoo!検索
92 アクセンチュア 情報通信 11 18 Google検索
93 集英社 マスメディア 11 12 Yahoo!検索
94 豊田通商 金融・商社 11 11 Google検索
95 ナムコ 情報通信 11 13 Google検索
96 博報堂アイ・スタジオ マスメディア 11 11 Google検索
97 サントリー メーカー 10 18 Yahoo!検索
98 日本電子計算 情報通信 10 10 Google検索
99 富士通コミュニケーションサービス 情報通信 10 10 Google検索
100 拓殖大学 大学 10 14 Yahoo!検索
2812 3577

訪問組織ランキングデータをどう活かすか考えよう

以前は、このようにアクセス解析から企業名集計をするためには、一月数十万円が必要でした。私が知っている限りで10年近く前の話です。

残念ながら、わかること!においては、訪問組織ランキングデータの活用は難しいのですが、このデータが活用できる企業体、商材を取り扱っている企業もあると思います。

一度、Yahoo!アクセス解析を導入してみてはいかがでしょうか。結構楽しいですよ。

導入方法に関しては、いつか記事化したいと思います。

あと、企業の方はこの記事を見たら、いつでも声をかけてくださいね。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!