クリエイティブコモンズとは?フリッカーで簡単に無料写真を探す方法

読了目安:[6 分

無料写真素材はとても良いが幅が狭い

わかること!では、これまでいくつものフリー写真素材サイトをご紹介しています。

参考:
タダピクが熱い!商用可・クレジット不要の無料画像素材を横断検索
人生を楽しくする面白い無料写真素材は「ぱくたそ」で探せ!

フリー写真素材サイトでは、サイト規定によりますが公序良俗に反しない限り、「商用利用可能」「改変可能」「クレジット不要」が多いですね。

もう一つ「再配布可能」が加わるかどうかはサイトにより異なります。

本当はもう少し細かいのですが、ざっくり言うと以下のようになります。

商用利用可能…(顧客提供含む)WEBサイトや紙の資料などの販促に使える。
改変可能…リサイズ、トリミング、加工などしても良い。
クレジット不要…クレジット表記を付けなくても良い。
再配布可能…有料、無料問わず素材を別サイトなどで配布しても良い。

これは覚えておいた方が良いでしょう。

フリー写真素材はとっても便利なのですが、私たちがよく知っている写真素材サイトだけだとイメージに合う写真が見つかりにくいですよね。

個人的にはこの3つが不足していると思います。

・本人目線の写真
・細かなシチュエーションの写真
・魅せるための写真

では、具体的に説明していきます。

本人目線の写真

フリー写真素材の多くは、わざとらしく撮った写真が多いです。流れの中での1枚やそのシチュエーションを切り取った素材は意外と少ないです。

細かなシチュエーションの写真

イメージに合う写真「◯◯しているところ」が欲しいのにありません。フリー写真素材は圧倒的に数が少ないと思います。

魅せるための写真

かっこ良い!という写真素材がほとんどありません。画像加工ソフトを使える人は限られているので、最初からかっこ良く魅せるために撮られた写真を探したい場合に困ります。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを理解しよう

では、どうすれば良いのか?

そんな時は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの写真素材を活用しましょう。

クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons、以下「CC」)とは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための さまざまなレベルのライセンスを策定し普及を図る国際的プロジェクト およびその運営主体である国際的非営利団体の名称である。クリエイティブ・コモンズが策定した一連のライセンスはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスと呼ばれる。

参考:
クリエイティブ・コモンズ – Wikipedia

これまで私が紹介してきた無料写真素材サイトは、サイト独自の規定で写真素材の取り扱いを決めていました。

その規定を一元化して、著作権に関する取り決めをマーク表示することで、もっと素材を使いやすくしよう、という試みがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスです。

CCライセンスと略したりします。

有名なところで、「Flickr(フリッカー)」「Fotopedia(フォトペディア)」「Google Images」は全ての画像がどのような著作権に関する取り決めがあるかライセンス表示されています。

クリエイティブ・コモンズは以下のような取り決めと、その取り決めに応じたマークが付加されています。

1.CC0「いかなる権利も保有しない、パブリックドメイン」
2.CC-BY「表示」
3.CC-BY-NC「表示—非営利」
4.CC-BY-ND「表示—改変禁止」
5.CC-BY-SA「表示—継承」
6.CC-BY-NC-ND「表示—非営利—改変禁止」
7.CC-BY-NC-SA「表示—非営利—継承」

初めに、こちらは全ての権利を主張するコピーライト表示です。見たことはあると思います。これが付いている場合は、使ってはいけません。

コピーライト

では、クリエイティブコモンズの各マークのライセンスを説明をしていきます。

1.CC0「いかなる権利も保有しない、パブリックドメイン」

パブリックドメイン

このマークが付いているものは、著作権による制限を受けません。自由に作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができます。

つまり、オールフリーなので、どのように使っても良い、ということです。CCに関係なく自由に使えるので通称CC0です。

2.CC-BY「表示」

表示

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示することを守れば、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンスです。

3.CC-BY-NC「表示—非営利」

表示—非営利

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的であれば、改変したり再配布したりすることができるCCライセンスです。

4.CC-BY-ND「表示—改変禁止」

表示—改変禁止

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ元の作品を改変しない条件で、営利目的での利用(転載、コピー、共有)が行えるCCライセンスです。

「改変しない」というのは、リサイズ、トリミングを含みます。

5.CC-BY-SA「表示—継承」

表示—継承

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンスで公開することを守れば、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンスです。

「元の作品と同じCCライセンス」というのは、素材を改変してもあなたの著作権ではなく「原作者の著作権」ということです。これが「継承」です。

6.CC-BY-NC-ND「表示—非営利—改変禁止」

表示—非営利—改変禁止

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的であり、そして元の作品を改変しないことを守れば、作品を自由に再配布できるCCライセンスです。

7.CC-BY-NC-SA「表示—非営利—継承」

表示—非営利—継承

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示し、かつ非営利目的に限り、また改変を行った際には元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することを守れば、改変したり再配布したりすることができるCCライセンス。


ちなみに、CCライセンス素材で私がいつも利用するのは、CC-BY「表示」かCC-BY-SA「表示—継承」です。

表示
表示—継承

このCCライセンスマークがついていれば「商用利用可能、改変OK」という素材です。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス素材をどのように活用するか

例えばこの写真は、フリッカーという写真共有サイトから持ってきたものです。

flickrにある写真は個人が撮影したものがほとんどです。このような個人が撮影した写真共有サイトであれば、

・本人目線の写真
・細かなシチュエーションの写真
・魅せるための写真

この条件を満たす写真素材も結構見つかります。

抱っこされた可愛い赤ちゃん

The new baby GPS worked perfectly. / emdot

この写真はCC-BY「表示」であるため、↑このようにクレジット表示さえすれば、改変、商用利用などが可能です。


フリッカーの画面を見てみましょう。

英語がメインなので、赤ちゃんの写真を検索する場合は「baby」で検索をした方がたくさん表示されます。

Flickr「baby」で検索-商用利用可能-改変可能


「赤ちゃん」のような簡単な単語であれば、日本からの写真も検索されます。

Flickr「赤ちゃん」で検索-商用利用可能-改変可能

フリッカーでクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの写真素材を探す方法

では、私が普段使っているフリッカーから使える写真を持ってくる方法を説明します。
flickrにアクセスします。

検索して、CCライセンスで絞り込みます。「Commercial use allowed」が商用利用可能「Modifications allowed」が改変可能です。

私が写真を探す場合、「商用利用可能」かつ「改変可能」なものを選定しますので、どちらにもチェックを入れます。

CCライセンスで絞り込み


使いたい写真が見つかったらクリックします。

flickrで検索して使いたい写真を選択


詳細画面が出てきます。ライセンスを見ると、CC-BY「表示」だけなので、写真を使う時はクレジット表示さえすればどのようにも使えるということがわかります。

右側のダウンロードマークから「View all sizes」を選択します。

個別に写真を表示してCCライセンスをチェックする


赤枠の中から使いたいサイズを選択して、「Download」の箇所をクリックしてダウンロードします。あとは自由に使いましょう。

使いたいサイズを選んでダウンロード


もちろんクレジット表記もお忘れなく。クレジット表記は、techoh.netさんが便利なブックマークレットを配布していますので参考にしてください。
flickrの著作権表示リンクをつくるbookmarklet | techoh.net

クレジット表示にはflickrAttrを使うと便利です


フリッカーをご紹介したのは、普段私が使っているためです。「Fotopedia」「Google Images」でも同様に使用できるライセンスの写真を取得できます。

詳しくはこちらをご覧ください。
商用利用可なクリエイティブ・コモンズ写真入手サイトまとめ | MakeLeapsブログ

ただ、少し情報が古いので、時間があれば独自でまとめたいと思います。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス素材は十分に活用できる

私も以前は、CCライセンスの素材を敬遠していました。理由は各ライセンスを理解するのが面倒なこととクレジット表記に抵抗があったためです。

ところが利用してみると、意外と質が高く、イメージに合った写真素材を取得できることがわかりました。

今では写真素材を探すことがとても楽しいと感じるようにさえなりました。

本当はInstagram素材を使いたいんですけどね。あちらはCCライセンス設定されている写真がまだ少ない上に、キーワード検索ができないので使えません。

NAVERやMeryなどに使われていますが、本当はライセンスNGな写真も混じっていると思います。

まだCCライセンス素材を使ったことがない方は、一度使ってみることをおすすめします。まずは私と同じフリッカーからどうぞ。

フリッカーで選定した画像をお気に入りに入れたい場合は、フリッカーアカウントを作ってください。注意点としては、「Yahoo.comアカウント(米国)」が必要なので、ちょっと面倒なところです。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

:: Esta es la primera camiseta de Creative Commons Colombia :: / nachoeuropa