担当者必見Facebookページでキャンペーン開催が可能に!

読了目安:[2 分

Facebookプロモーションガイドライン改訂の発表

Facebookは8月27日(米国時間)、Facebookプロモーションガイドライン改訂の発表
その中に、「アプリケーションのみでプロモーションを行える」といった要項が削除されました。

このことにより、何が変わるかを紹介します。

Facebookページでキャンペーン開催が可能に

Facebookページでキャンペーン開催が可能

従来通り、アプリを使ってキャンペーンやコンテストを行うことは可能です。それにプラスして、Facebookページタイムラインでも、キャンペーンが開催ができるようになりました。

-ユーザーがページに投稿・コメント・いいね!することでキャンペーンに応募可能
-メッセージ機能を使って、キャンペーンの応募が可能
-いいね!をコンテストの投票機能として活用できる

ただし、ユーザーのタイムラインにコンテストの写真をアップしてもらうことはできません。公開範囲の問題もあるので、応募が確認できないことで問題が生じてしまからでしょう。

Facebookメッセージで当選通知が可能

Facebookメッセージで当選通知が可能

Facebookページでキャンペーン開催が可能になったとはいえ、「当選通知はどうすればいいんだろう?」と思っている方は多いのではないでしょうか。

今回の改訂により、Facebookの機能をつかって、当選通知を行うことが可能になりました。よって、メッセージ・投稿でキャンペーンの結果を発表することができるようになりました。

ただし、Facebookページ側から先にユーザーにメッセージを送信することはできないので、オペレーション不備がないようにしっかり準備してください。

不具合があった場合の責任は主催者側に

キャンペーン開催中にFacebookの不具合により、なにかしらのことが生じたとしても、Facebookが責任をおうことはありません。なので今まで同様に主催者側はリスクも紙したうえで運用する必要があります。

今回のFacebookアップデートの企業メリット

今までは、キャンペーンやコンテストを開催する際にはアプリを活用する必要があったので、それなりのコストと時間がかかりました。

今回の改訂により、多くの企業がFacebookを活用し簡単にキャンペーン開催ができるようになったのが一番のメリットだと思います。

例えば、
-投稿に「いいね!」をすればキャンペーンに応募完了
-先日のアップデートでコメント欄に写真のアップロードが可能になったので、Facebookページ投稿に対して、写真投稿をすることでキャンペーン応募完了
-「投稿に対して100シェアされたら、抽選で1名様に○○当選!」といったことも可能

つまり、過去の事例でNGだったキャンペーンの中でも、今回の改訂により、キャンペーン開催がOKになるものが数多くあります。

大規模なキャンペーンを行う際は、応募管理などの手間があるので、そういった際にはアプリを活用すし、ユーザーとのライトなエンゲージを高める場合には、Facebookページタイムラインでミニキャンペーンを開催する、といったように、使い分けることが重要だと思います。

今回の改訂によって、いろいろ事例がでてくると思うと楽しみです!

その際には、当ブログで紹介していこうと思います。

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。