明日被害者になるかも…逆SEOの6つの方法

読了目安:[5 分

逆SEOとは?

逆SEOという言葉を聞いたことはありますか?

逆SEOはリバースSEOとも呼ばれています。

「逆SEO」とは通常のSEO対策とは逆に、特定のページの検索順位を下げるための方法である。

例えば、ある製品の誹謗中傷が書かれたページが、商品名で検索した際に上位に表示されているとする。この場合、商品の評判を下げてしまうことがあるため、このページを検索順位で下位にする。

こうした逆SEOの手法としては、例えば商品名で検索した時に、そのページよりも上位に表示されるようなサイトを多数作成するなどが挙げられる。

参考:
逆SEOとは – 意味/元ネタ/使い方|SEO対策用語

とありますが、実際行われていることは、低評価の被リンクを対象サイトに貼りまくり、対象サイトの評価を下げ、検索順位を落とす行為が主です。

元々の逆SEO

逆SEOは、2chなどの匿名掲示板での企業の風評被害対策として始まりました。

対策としては、掲示板などの監視、風評被害発言の削除申請、そして逆SEOです。

逆SEO自体は、(当時の)SEOの知識さえあれば、その逆を行えばよいだけですので、(当時は)比較的簡単に行うことが可能でした。

そこから、ライバル企業の検索順位を下げることに使われたり、犯罪者が自分の前科を隠すために使われるようになりました。以下のように。

参考:
犯罪者による前科隠しの逆SEO対策は予想以上に数が多いことが判明 – 楽しくないブログ

逆SEOの6つの実装方法

上記の2つの方法以外にも逆SEOを実装する方法はあります。以下、3、4、5、6がそれにあたります。

逆SEOの実装方法
1.あるキーワードで該当ページよりも上位表示されるようなページを大量作成し、順位を相対的に落とす方法
2.コピーページなど低評価となるページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼ることで評価を下げ、順位を落とす方法
3.該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させて、順位を落とす方法
4.該当ページをクラックして、ウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げ、順位を落とす方法
5.該当ページを検索エンジンに、不正なサイト申請をして、インデックスから削除する方法
6.該当ページのライバルに対して、優良な被リンクを貼り、該当ページの順位を相対的に落とす方法

逆SEOに効果はあるのか

一時爆発的に増えた逆SEOですが、本当に効果はあるのでしょうか。

1)あるキーワードで該当ページよりも上位表示されるようなページを大量作成し、順位を相対的に落とす方法

パンダアップデートの影響で、コンテンツの評価が重要視されるため、意味のあるページでない限り、長期にわたって順位を上げるのは難しいはずです。相当コストがかかるでしょうし、現実的ではありません。

2)コピーページなど低評価となるページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼ることで評価を下げ、順位を落とす方法

これは3つの結果が考えられます。

1.低評価なページからの被リンクであるため、順当に(?)該当ページの評価を下げ、順位を落とせる場合

2.たまたま低評価を受けなかったため、該当ページの順位が一時的にせよ上がってしまう場合

3.低評価なページ自体がインデックスから外れ、毒にも薬にもならず、何も変わらない場合

今後のGoogleの対応として考えられるものは、低評価、評価に値しないページは無視してしまう、が妥当ではないかと思います。

3)該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させて、順位を落とす方法

こちらも2と同様です。

4)該当ページをクラックして、ウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げ、順位を落とす方法

これは厄介です。クラックと書きましたが、もうひとつはウィルスを仕込んだサイトリンクを踏ませ、感染に持っていく方法です。

むやみにリンクはクリックしないほうが良いですし、よくわからないサイトからのリンクは、リンク否認ツールを使って、外すほうが良いでしょう。

5)該当ページを検索エンジンに、不正なサイト申請をして、インデックスから削除する方法

該当ページがまっとうな運営をしていれば、全く影響を受けることはありません。

6)該当ページのライバルに対して、優良な被リンクを貼り、該当ページの順位を相対的に落とす方法

これは1に近く、1よりもやや実行しやすい手法だと思います。ただし、ライバルページに関連がある優良な被リンクを用意することがどれだけ難しいかは、考えればわかることだと思います。


というわけで、以前は被リンクに比重が置かれていたため、リンクの質によって、該当サイトの上げ下げが比較的容易に行えました。

今は、そこまで簡単に行うことはできません。

違法とは言えませんが、逆SEOはかなり難しいため、簡単にできると謳っている業者には注意が必要です。

気をつけなければいけない逆SEOは

さて、見る限り、あまり効果が高いとは言えなそうな逆SEOですが、1つだけ気をつけなければいけない物があるとすると、こちらです。

2)コピーページなど低評価となるページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼ることで評価を下げ、順位を落とす方法

あえてコピーページと書きましたが、これはリンク業者から有料リンクを買って、該当ページにリンクを向けてしまっても良いわけです。

実行されると、数千単位の質の悪い被リンクが一気に貼られてしまいます。

質の悪い被リンクの特徴
1.同一IPアドレスや同一ドメインからのリンク
2.同一アンカーテキストリンク
3.リンク元コンテンツに全く関連性がない

いくら以前よりも被リンク自体の評価が(割合的に)薄まっているとは言え、逆SEOでの被害報告は今でもよく見かけます。

Googleウェブマスターツールやahrefsで、被リンクを定期的に調べて、怪しいリンク元を見つけた場合や大量に被リンクが増えていた場合は、リンク否認ツールを使って、Googleに申請するのが良いと思います。

面倒ですが、地道に行うしかありません。

逆SEOは必要なのか

私の知人の話ですが、ある事件に巻き込まれてしまい、罪なく加害者認定をされてしまいました。

そしてあろうことか、テレビで実名を報道されてしまったわけです。

その方自身は普通の商売をされている、仕事熱心な真面目な方です。

いわゆる冤罪ですので、警察からは謝罪され、テレビ局からも謝罪されたのですが、一度流れた情報はすでに取り消すことができず、ネット上に拡散されてしまいました。

そして、これからもネットデブリとして、残り続けます。

これらの情報をデータが存在しているサイトや掲示板などをあたり、おおよそ削除した上に、既に管理者がいない自動ニュースサイトやデータの削除を断るサイト向けに逆SEOをした場合にかかるコストが1,000万円以上、と言われたそうです。

その方は、商売に支障が出ると困るから、という理由で、泣く泣く1,000万円支払ったと聞きました。

話を聞いたのは、全て事が済んでからです。


企業の誹謗中傷や、犯罪者の過去などのネガティブ情報、ライバルを蹴落としたいがための逆SEOはあまり必要だとは思いません。

ただし、上記のように、冤罪でも一度情報が流れてしまうと、取り返しがつかないことになってしまう人もいます。

誤情報を流してしまったところは、謝りはしても、なんとかはしてくれません。

大賛成というわけではありませんが、効果が謳えるのであれば、必要な人には必要なのかな、と感じた話でした。

ただ、高いですけど。

今後逆SEOも効かなくなっていく

現在の検索エンジンアルゴリズムの詳細はもちろんわかりませんが、以前のように加点方式ではなく、減点方式にシフトしているように感じます。

ですので、

質の悪い被リンクの特徴
1.同一IPアドレスや同一ドメインからのリンク
2.同一アンカーテキストリンク
3.リンク元コンテンツに全く関連性がない

こちらの逆の被リンクが良い評価を受けるか?と言われるとそうではなく、Googleの判断としては、それが当たり前だ、に近くなってきているのではないか思います。

そして、おそらく今後は逆SEOも効かなくなっていくのではないでしょうか。

「Googleがちゃんとインデックスすることが前提で、インデックスしたページはその評価の高低ができる。低評価=悪質なページからのリンクはそもそも評価対象外にする。」

このようになっていけば、ホワイトハットで運営しているサイトが逆SEOによる被害を被ることはないはずです。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!